セルライト解消方法

セルライト解消方法セルライト根絶方法について

最初にする事は、ある種の食べ物の排除と体外からの進入口の閉鎖です。その食べ物の排除は徹底して行って下さい。例えば「カロリー低いから大丈夫だろう」だとか「今まであっさり味だったから大丈夫だろう」等という考えは一切捨てて下さい。カロリー低い食べ物といっても、セルライトにとって殆どといって効果はないですから。

後程述詳しく述べますが、「ある種」の食べ物を排除できるかどうかがセルライト解消という一大プロジェクトの勝敗を決めると言っても間違いありません。

進入口の閉鎖は出来るだけ早くやったほうが良いと思います。何故ならせっかくセルライトを解消したのに、また新たなセルライトが進入したら意味がないからです。

次は具体的なセルライトの解消方法ですが、私の使ったセルライト解消グッズは、使い捨てカイロと湯たんぽでした。「セルライト取り器」といった直球型の秘密兵器があれば一番ですけどね。

さて、セルライト解消方法についてザッと紹介したところでもう少し詳しく話しましょう。

結局セルライト解消方法としての使い捨てカイロと湯たんぽのみでセルライトを解消した訳ですが、最初から上手くいった訳ではありません。

紆余曲折で失敗が色々ありましたが、浅知恵を使う人がいたら是非こう言って下さい「慎重にやってね」って。

セルライト解消方法の使い方によっては、就寝時が最適になりますが、翌朝セルライトが小さくなっていなかったら、即浅知恵の人は、すぐに違う方法に目移りします。これではセルライトを増やすだけです。いつまでたっても、セルライト解消方法はな~い?といって、探し続けるということになるでしょう。

セルライトを取り除く方法

セルライトってキモイ・・・そう、その時が決意の瞬間でした。
「絶対にセルライトを取り除くぞ~~!!」と。

これからセルライトをこの私の体から取り除くことに成功
したお話をします。

にっくきセルライト、エステで取り除く処理しても全く
効き目ゼロだったのに、あることをしたら、
そそくさと私からを出て行ってくれました。

さて、セルライトに気づいたとき、それはゴリゴリとした
不吉な感触があったのでした。

「こいつっー」て思ってつい手に持っていたスプーンで上から
こすりました。にらんみつけながら。

それから黄色っぽいあの塊が死ぬほど憎くなりました。
息が止まりそうになります。

セルライトって不気味で気持ち悪いと思いません?

どこから入ってきたのか分からない・・・
またいつ出るのか分からない・・・

いつもこの不安で気が狂ってしまいそうたったのです。

私は本当に雑誌や新聞でセルライトの文字を見るのもダメな位
になってしまいました。

セルライト見つけたら、取り除くためにツールを取り出します。
スーッと吸い込むかのように退治していくのです。

確かに逃さず一瞬で取り除くことができるのですが・・・

セルライトは体内の重金属を溜め込むのを知っていたので、
取り除くツールを使っても別の問題がでてくるのではないか
と不安でたまりませんでした。

それでセルライトを取り除く専門家にも相談することに…

セルライトを取る方法

セルライトを取る方法を来る日も来る日も探しました。
詳しく聞くと「セルライトを取る方法」というのは存在しない
ということです。

一般的には「セルライト掃除」というテクニックがある
そうなんです。

つまりセルライトを取るという専門家が言うには、

「体をキレイにすれば、セルライトもなくなりますよ」

というものだったんです!

ちなみに、セルライトを取ることに命がけになっている
私は、普通の主婦ですから、いくらセルライトを取る専門家
といっても、大金を支払うことには反対です。

なので、プロ専門家のテクニックをどうにかして盗みとったのです。
プロがどうやってセルライトを取るかあなたご存知?

特別なセルライト除去クリーム、超音波?

いいえ、どれも違います。

答えは、セルライトを丸ごと体から追い出すテクニックを
採用するんです。

どうやって追い出すのか知りたいですか?

どんなツールを使うのか。最初に何をするのか。

専門家にきいても、簡単には教えてくれませんでした。
相手はお金を取っているプロですから、当たり前ですよね。


でも私はラッキーでした♪ 主人の知人にセルライトを取る
専門家、プロ中もプロがいたんですよ!

このセルライトを取る大専門家に、遠慮なくテクニックを
すべてききだしました。

その方法、なんとお金は殆どかかりません。

ツールは何が必要だと思いますか?

セルライトを取るローラー、セルライトホイホイ?

説明書に書かれている通りにやっても効果がない時が
ありませんでしたか?

私がそうでした。

ツールを使いこなすにはコツがあるんですよ。

セルライトをつぶすには

セルライトをつぶすって一言でいえば簡単です。

セルライトをつぶすのに効果的な3つのテクニックとは?


私が実際に使っている3種類のセルライトをつぶす道具について、商品名や値段から利点まですべて明かします。市販で売られているものなので、例えどこに住んでいても買えるものです。

セルライトをつぶす時にぬると効果的なクリームとは?
セルライトをつぶす時にぬるクリームをお安く手に入れるコツ。

基本的にセルライトをつぶすためには時間もお金をかけたくは
ありませんのでこの方法をオススメします。

根気も力もなくても一発でつぶす方法とは?

たいていの方法では、セルライトをつぶすには、粘り強さが要求されます。そうしないと効果ありません。

私はずぼらなので、そこまでやりたくありません。
なので根気も時間もなくても退治する方法を伝授しましょう。

赤ちゃんやペットがいても、細切れ時間に活用できる方法とは?

赤ちゃんやペットいると何かと口に含むのが心配です。
我が家にも赤ちゃんや猫がいます。
そんな主婦でも安心して使用できる道具も教えます。

セルライトをつぶす道具の効果を20倍にアップさせる方法とは?

あなたの身の回りにある道具を使いましょう。普通に使ってもあまり効果がなかった道具でも、使い方次第で効果が飛躍的にアップするコツがあります。

セルライトを減らす

セルライトを減らすには、セルライトの集まりやすい場所を知ることです。そしてセルライトを減らすために、まず集中的に上から叩く。

セルライトができやすい場所をお教えします。
セルライトを減らすには、大きくならないうち、目に見えないサイズのうちに、徹底的につぶしておくこと。

セルライトが成長しないので効果は大ですね。

セルライトができやすい場所には決まってサインが現れます。
なので分かりやすいのです。そこに道具を使って一気に撃退してもらいましょう。これでセルライトを減らすコツがわかりましたね。

さらに撃退した後は、もう二度とセルライトをそこに作らないことが重要。ですが、たった1つ、落とし穴があります。それは?

次に、セルライトを減らすために、セルライトが大の苦手なもの、つまり弱点を突いた罠を仕掛けます。

この罠はすごく強力なのです。間違いありません。

こうしてあなたはセルライトを減らす効果を実感でき、
安心できますね。

さらにセルライトを減らすことができる、安心できる工夫を伝授しましょう。これ1つするだけで安心度がかなり違います。


二の腕や太ももにこそ効く方法なんていうのもあります。

セルライトは温度の低い、血流の鈍った場所に出現しやすいです。

体温の低い場所だからこそ効く方法もあります。これでもう大丈夫です。

セルライトを減らすため、最後のテクニックを教えます。
お腹にセルライトを寄せ付けない方法とは?

セルライトをお腹に作らない簡単な方法もあります。
たった1手間やるだけなのに、セルライトをシャットアウトできるでしょう。

セルライトをなくす

セルライトを徹底的になくすにはどうしたらいいでしょう?
セルライトをなくすには、セルライトをいったん除去した後でも、あなたの足や手、お腹に二度と寄せ付けないように工夫することです。

もう一度言いますね。セルライトをなくすには、
セルライトを一通り除去し終わったら、あなたの体に近寄らせない状況を整えることなのです。

そうすることで、あなたの体からセルライトがなくすことが
できるでしょう。今後はできないでしょう。

そのための環境作りは1、2週間に1回の作業で大丈夫。それも5分でいいです。

多分、3分程度だと思います。

1ヶ月半もすれば、ほとんど作業は殆ど必要ありません。
セルライトが二度とできないように、ことごとく予防をする。

セルライトは一度芽を出すと、そこから勢いよく拡大していきます。

それを防ぐために、もう体に近づけないような予防策をたて、
阻止する方法を伝授しましょう。

定期的なちょっとしたメンテナンスは必要です。

セルライトは他のセルライトと協力しながら一気に増えます。
だからそれを断ち切る必要があるのです。そのための方法をお教えします。

撃退した思ってもセルライトはなりをひそめているかもしれません。

なので完全に芽をつみ、芽があらわれたらすかさず根絶するのが
セルライトをなくすためのコツです。

手早く芽を処理する方法とは?
セルライトを撃退した後の細々としたメインテナンスが苦手な人でも、あっさりとできる方法をお教えします。この方法を使えば、少しの時間があれば、セルライトの小さな芽をササッと手早く刈り取ることができるでしょう


 食べても太らないシリーズ 

  • 食べてやせる、5つの大きな理由 
  • 過食症を治す:過食が過食を生む
  • 太らない食べ物・食べ方
  • ギャル曽根、痩せの大食いの謎
  • 褐色脂肪細胞を増やす:これが多いと痩せる
  • むくみの原因を退治し、代謝アップ!